ボトックスの申し込み【長くはかからず数日程度で実感】

より良い美しさを得るには

カウンセリング

しわのない若々しさを

ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で、筋肉麻痺を生じさせて、筋肉を弛緩させる作用があります。従来は、眼科や神経内科等の領域で、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、小児脳性麻痺等の治療のために用いられる、厚生省にも認可されている医薬品でした。ですが現在は、しわの除去や小顔術、多汗症の改善といった美容目的での活用が知られてきています。例えば、年を重ねるごとに表情に厳しさを与える、額や眉間、目尻にできるしわの部分に、直接ボトックスを注射することで、筋肉の動きを弱めてしわを改善できます。また、顔の頬、エラの部分に注射することで、その部分がの筋肉が痩せ、全体的に小顔に見えるようになります。さらに、脇の下の汗や臭いが気になる多汗症では、両脇に注射することで、脇の下の汗の原因である皮下組織のアポクリン腺という部分が麻痺し、手術することなく汗と臭いを抑えることができます。その効果は半年から一年も続くとされており、メスを入れて身体を傷つける必要がないという点と合わせて、汗や臭いに悩む方々からも注目を集めている治療法です。美容目的ということで、あくまで保険外診療ということにはなってしまいますが、一考の余地はあるのではないでしょうか。ボトックスを失敗しないために、最も重要な事は、使用する薬剤が高品質なものであるかどうかです。FDA(米国食品医薬品局)にも認可されている、安全性・信頼性の高い薬剤を用いるのが通常ですが、中にはコスト削減のために安価な薬剤を使用するクリニックもあるそうです。特に、中国製、韓国製のものは、安全性を疑問視せざるを得ないものもあるようですので、極端に価格が低いような場合は、安易に飛び付かずに、使用薬剤等、よく確認した方がよいでしょう。また、ボトックス注射は、手術もせず、簡単な施術と思われがちですが、これはあくまで治療される側の負担が少ないという意味であり、医師の技量によっては、結果は大きく左右されてしまいます。顔の気になる部分を少しずつ改善し、より美しく見せなければならないのですから、ある意味当然ではありますが、より良い治療効果を得るためには、周囲の評判等も集めつつ、腕の良い専門の医師を探すべきでしょう。クリニックによっては大学病院等と連携をとっている場合もあります。また、クリニックを決めた後も、実際の施術の相談、カウンセリングといった形で、医師の説明を十分に聞く機会があるはずです。専門家の意見も交えながら、十分説明していただけるはずですので、より良い美しさを手に入れるためには面倒がらずに、自分の納得がいくまでお話を聞いてから施術をお願いしましょう。