ボトックスの申し込み【長くはかからず数日程度で実感】

美容目的で行う場合

看護師

施術の特徴や得られる効果

ボトックスには様々な効果があります。医療行為としてけいれんなどの治療に用いられることもありますが、最近では美容目的でボトックスを使用する施術も増えてきました。美容外科ではボトックスを使用して若返りや痩身、更には小顔の効果を発揮します。すなわち注入するポイントによって発揮する効果が異なると考えて良いでしょう。若返りの効果としてはしわを軽減させることが可能ですこの場合、筋肉を動かすことによって生じるしわに作用ありますので、しわの種類によってボトックスを注入するのが適切か否か判断されます。筋肉を動かすときには神経からある物質が分泌されます。その物質というのがアセチルコリンなのですが、このアセチルコリンが過剰に分泌されることによって筋肉が通常よりも過度に働きすぎてしわとして表面に現れてしまいます。ボトックスにはアセチルコリンの分泌を抑制する効果もありますし、直接筋肉に作用して筋肉自体を抑制させることが可能です。その結果、しわが目立たなくなるという仕組みです。エラに注入すれば輪郭を細くすることができますし、ふくらはぎなど筋肉が発達して太く見える部分に注入すれば、筋肉自体を細くする効果が得られるのでダイエット目的で使用するケースもあります。美容外科や美容皮膚科で行う治療ですし、美容整形の一種でもありますから施術に時間がかかると懸念している人もいるかもしれません。しかしボトックスの場合はプチ整形の一種に含まれており、短時間で痛みもなく施術を完了させることができます。ボトックスは注入ポイントによって齎す効果が異なります。したがって、どこにどれだけ注入するかが需要です。注入ポイントを決めたらまず麻酔クリームを表面に塗ります。クリームタイプの麻酔なので痛みも伴いません。そして注入ポイントに注射して完了です。実際の施術時間数秒から数分程度ですので、美容整形の中でも特に手軽に行える施術と考えて良いでしょう。ボトックスで行う施術の場合、即効性があるというよりも時間が経つにつれて効果を発揮します。2週間から1か月程度経過した頃から効果が高まってきます。しわを抑制させる施術の場合は効果の持続は半年前後です。状態を維持させるためには効果が途切れる前に再度ボトックスを注入しましょう。効果がなくなる前に行うのがポイントです。継続力もアップします。ボトックスを行う場合はカウンセリングを受けてから施術の流れになるのですが、カウンセリングを行った日に施術を行うことが可能な美容外科もあります。すぐに施術を行いたい人は、あらかじめ相談してからカウンセリングを受けましょう。